あらゆる後遺障害をサポート

お困りですか?

  • 「事故に遭ったけどいつ相談したらいいの?」出来るだけ早くご相談下さい。交通事故に慣れている方は当然いません。当事務所は交通事故を専門業務にしてますので、顧客様や医療機関からの紹介などで、事故当日にご連絡いただく事も多いのです。(土日祝日もお受けしています)その時点における最も適切なサポートをします。治療途中に健常に戻れば、これは本当に一番良い事です。この場合、当事務所では一切の費用請求はいたしません。しかし懸命に治療を受けた後も、後遺障害が残る事は少なくありません。そこを視野にいれ被害者様の一番近くで気持ちに寄り添いサポートします。後遺障害が残り、且つ認定されて初めて「結果」です。結果が出なければ費用はかかりません。

  • 「ムチウチでも後遺障害と認定されるの?」後遺障害の過半数はムチウチです。状況によりますが認定可能性は十分あります。

  • 「どうすれば後遺症の認定が受けられるの?」多数の経験より認定基準、非該当の要素を念頭におきながらサポートしています。後遺障害診断書だけが良ければ認定されるという訳でもありません。

  • 「後遺障害の異議申し立てはどうすればいいの?」一度非該当と認定されたら初回申請よりも難しいです。しかし当事務所の異議申し立て認定率は決して低くありません。今後、等級が認定される、あるいは上がる見込みのある時には全力でサポートします。

  • 「保険会社とのやりとりが精神的に負担で仕方ない」面倒な事務のやり取りは被害者様に代わって私が窓口になります。後遺障害等級が認定された後、賠償金の示談交渉や訴訟は、適切に弁護士に引き継ぎます。

  • 「症状固定の時期とその後について知りたい」重要な側面です。事故解決までしっかりサポートします。

  • 私の最も重要なサポート業務は、病院に同行し主治医との面談です。様々な依頼、治療の方向性を伺う、検査や測定にも実際に立ち会います。

  • 姫路~神戸~大阪府下~京都において交通事故に理解ある開業医の情報を確保してます。各種診断書や紹介状の記載、認定に必要な検査の実施、適切な可動域測定、転院が必要な時などにご安心いただけます。神戸各区・加古川・姫路・尼崎・伊丹・大阪府下・京都など各地の整形外科。その他ペインクリニック、画像診断クリニック、形成外科、耳鼻科、医大系病院、接骨院等にも同行してます。

  • 数件の弁護士事務所と提携してます。交通事故の示談交渉、訴訟に強い弁護士です。等級認定後、または適切な時期(すでに相手方保険会社が弁護士対応に切り替えた時など)に被害者様のご要望(報酬お見積・事務所規模・性別・地域)に沿った弁護士事務所にお連れします。

  • 保険会社に任せきりで無く、被害者様やご家族様も事故について学び専門家の支援も視野にいれましょう。

当事務所は、被害者様が最善の事故解決にたどりつくまで寄り添い、毎日のお悩みに対し迅速・具体的にお答えし、後遺症が残った際には、適切に後遺障害等級が認定されるよう最善を尽くす事務所です。

交通事故後遺障害の専門事務所

当ホームページをご覧頂き、誠にありがとうございます。

国家資格をもつ開業13年目の行政書士です。

交通事故に遭われた被害者様の日々の不安を解消、一番近くで寄り添い事故解決の勝敗の分かれ目ともいえる後遺障害等級の認定を私が担います。提携する弁護士は地裁基準で損害賠償を獲得し、被害者さまにとって最善の解決を目指しています。

当事務所オリジナルのサポート

1.交通事故被害者救済に基づいたサポート業務

交通事故に遭われた被害者様を直接面談・電話・メール等の手段を通じて事故解決まで丁寧且つ迅速に日々サポートします。常識的な回数までの相談は実際は無料で行っています。相談で流れについて明確にご説明しますので、その時点で正式依頼下さる方も確かにいますが、最初に医師面談に同行し、私の力量を見て頂いた上で正式依頼というケースもあります。

いずれにしても、私のサポート内容を被害者様がご納得いただいた時点で、今後も交通事故の解決まで私を信頼して任せるという形で契約書を交わします。

重複しますが、後遺障害が残らない場合、後遺障害申請をする必要が無くなった場合には一切費用は頂いておりません。行政書士として開業し12年間が経ちました。交通事故以外の業務も行ってきましたが、開業以来変わらず皆様をサポートし貢献する事が職務・使命と考えています。これまでの顧客様や医療機関からも多数のご紹介をお受けしています。

2.豊富な経験と実績に基づくノウハウ

当事務所は、交通事故においては後遺障害部分を専門に業務しています。よって適正な等級認定を受けるために受けておくべき検査、準備すべき医学的証拠類といった独自のノウハウ、事故や被害者に対して理解がある病院、特定の傷病に強いとされる医療機関に関する情報があります。

ご相談時から、最終的に後遺症が残った場合を想定して、(その時点になって被害者様が泣き寝入りする事が無いように)認定基準を念頭においたサポートを行います。後遺障害の認定は、事故からの治療経過の推移も当然に調査の対象です。よって後遺障害診断書だけ良ければ認定されるという訳でもありません。

これらの情報は、経験と実績の積み上げで蓄積しました。経験を生かし被害者様をしっかりとサポートします。

3.後遺障害診断書を作成するためのサポート業務

後遺障害診断書適正な後遺障害の等級認定を受けるため、十分な情報が記載された後遺障害診断書が最重要である事は間違いありません。

医師の役割は、事故前の身体の状態に戻す(治療)事であり、後遺障害や事故の賠償に対して強い関心はありません。

しかしながら事故の被害者様にとっては人生を左右する大きな出来事です。医師任せにした場合、後遺障害診断書に十分な記載がなされず、本来認定されるべき等級の認定がなされないケースは事実あります。

私がサポートする場合は、病院に同行し、医師の警戒を取り除き、必要な検査を依頼して、必要事項が漏れなく記載された後遺障害診断書の作成を医師に働きかけます。それにより被害者様が本来受けるべき等級の認定を受けその等級に基づいた解決がなされるようサポートしています。

4.交通事故に強い弁護士の紹介

交通事故において、弁護士のメイン業務は後遺障害認定後の示談交渉と訴訟です。弁護士事務所の中には今でも「12級以上の等級が認定された後に相談に来て下さい」という事務所もあります。当事務所が連携する弁護士事務所では14級のムチウチ被害者様の示談交渉も行いますが、実際に後遺障害等級が認定されるまでは私が全面的に被害者様のサポートを行っています。

後遺障害認定に直結する医療的なサポート、被害者様に寄り添った丁寧且つ迅速なサポートは行政書士である私の方が得意です。

またどの弁護士事務所も「交通事故専門」と宣伝してますが、実際には交通事故の事についてあまり詳しく無い、経験の少ない弁護士事務所もあります。

私がご紹介する弁護士は訴訟や示談において非常に優れた弁護士です。私と被害者様が頑張って無事に認定された案件を、引き継いで頂き、事故解決につなげていただくのに相応しい弁護士です。その中でも被害者様がお住まいの地域、事務所の規模、希望の性別などご要望に合わせて最適な弁護士をご紹介します。

女性らしい細やかなサポート

被害者様に寄り添います。病院や弁護士事務所への同行は私が直接行います。スタッフに任せるのは私が事務所を留守にしている時の電話対応と書類受取です。

被害者様との全ての対応は私が行います。ご安心下さい。

行政書士業務として実質的に正しく手続きする事はもちろん、精神的にも被害者様のお役に立てるよう細やかにフォローします。
被害者様の質問には迅速にお答えします。電話も良いですが、メールであれば時間を気にせずいつでも質問出来ます。常にメール内容を確認してますので「不安な時に連絡が取れない」「サポートが遅い」「なかなか返答が来ない」被害者様がこのような不安な状況に陥る心配はありません。

毎日、無料相談をお受けしています。

無料相談をご活用ください。毎日交通事故の相談をお受けしています。メール・電話・当事務所はもちろん、被害者様のご自宅や病院にも出張いたします。ご御都合の良い方法をご指定下さい。受傷状況に関するお悩みはもちろん、過失割合、休業損害といったご相談にも対処します。
大切な事は事故から早めの相談が良い解決に結びつくという事です。ご相談が遅すぎた場合、その時点では既に「取り返しのつかない」「軌道修正できない」状況となり、そこからサポートを開始しても良い結果にならない可能性が強いというケースもございます。

 随時受付しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合せ先